HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

有料老人ホームココリ 開設への思い

私は地域医療を通じ、そこに暮らす人々の抱える病や在宅医療の大変さ、難しさを目の当たりにして参りました。介護されるご本人と介護を支えてこられたご家族にはもっと笑顔ある毎日を送っていただきたい。ご本人には気兼ねなく身をゆだね、安全で安心して暮らせる場所を。ご家族には在宅介護の気疲れを和らげ、安らかな気持ちで接することができる豊かな時間を。これが私の願いです。

 

【略歴】
平成 5年 大阪医科大を卒業
同附属病院一般・消化器外科学教室に入局
三島救命救急センターやドイツウルム大学付属病院外科での研修を重ね、
平成 7年 済生会吹田病院外科医員
平成11年 大阪医科大学大学院にて学位取得。
平成13年 北摂総合病院外科 一般、消化器外科医長、乳腺外科部長
平成28年 9月「チョンクリニック」を開設

高槻市の有料老親ホームココリ 代表取締役 鄭栄植
代表取締役

チョン 栄植ヨンシ

施設長からのごあいさつ

この度、令和3年4月1日付けで有料老人ホーム ココリの施設長に就任しました今中祐子と申します。
日頃より、利用者様・ご家族の皆様、そして地域の皆様におかれましては関係機関の皆様多大なご支援を賜り深く感謝申し上げます。

 

私は、ケアステーション ココリでケアマネージャーとして、利用者様やご家族様の困り事や不安に対し、解決のお手伝いや情報や各種サービスの提供をさせていただいておりました。今度は、施設長として自身の役割をしっかりと見据えながら、笑顔と感謝を忘れず、微力ではございますが努力して参りますので、どうかご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

さて、2020年新型コロナウイルス感染が確認されてから1年以上の時が過ぎようとしています。新型コロナウイルス感染の第1波から始まり、現在第3波が未だ終息が見通せない状態です。誰にとっても辛く我慢の日々が続いています。ココリでも1年以上面会制限や面会禁止が続き、この先も未だ終息に見通しがつかない状態であり、入居者様、皆様にはご不便とご心配をおかけしますが、もうしばらくご協力をお願い致します。

 

入居者の皆様方は元気にお変わりなく過ごされています。皆様が一堂に会する様な行事等は控えさせていただいておりますが、小人数での体操・テレビや音楽鑑賞、手芸、パズルなどで思い思いに過ごしておられます。単調になりがちな施設内の生活を少しでも、元気と笑顔のある楽しいものにしたいとスタッフが施設内に季節の飾り付けをしたり、行事食やお誕生会での個別に盛り付けたケーキの提供をしたり等、工夫を重ねています。
そんな中で、少しずつ希望も見えてきました。いよいよワクチン接種が5月26日以降、随時(日程は未定)利用者様に接種が始まります。利用者様の体調の管理については、看護師とケアスタッフが日々観察させていただいております。

 

また、感染予防対策としてスタッフは、定期的な抗原検査が実施しており、施設内は、去年から継続しして、こまめな手洗いをしており、ドアノブや手すり、トイレ等の定時消毒、マスク着用の徹底に努めています。その他、出勤時の検温、食事の時は少人数で会話はしない等実施しております。

 

最後になりますが、常々ご家族様からスタッフに対しての励ましのお言葉やお手紙に大変感謝しております。
近い将来、ココリの各お部屋で利用者様とご家族様がお会いできることを願いつつ、スタッフ一同、心を合わせて全力を注いで頑張って参ります。今後とも皆様方のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

高槻市の有料老親ホームココリ 施設長 今中祐子
施設長

今中いまなか 祐子ゆうこ